with a pair of yellow glasses

music, English, German, books etc

Berge

Ich besitze etwa 10 CDs, auf denen auf Deutsch gesungen sind.

Vor allem gefällt mir das Album "Vor uns die Sinnflut" von das Duo "Berge".

So schön sind die Liedtexte, die sie geschrieben hat. Nicht nur schön sondern auch intellektuell, kann ich sagen.

Die Melodie ist ja zugänglich, aber gleichzeitig voll mit den verschiedenen Ideen.

Ich weiß nicht, wie bekannt dieses Duo in Deutschland ist. Mindestens kennen nur wenige es in Japan.

Populäre ausländische Musiker in Japan singen fast auf Englisch. Es ist leider sehr selten, dass die auf Deutsch singenden Musiker in Japan sehr bekannt werden. Tja, es ist nicht zu vermeiden, dass man die auf unverstehbare Fremdsprache gesungenen Lieder langweilig findet.

Es ist reines Glück, dass ich einigermaßen Deutsch verstehen kann, weil ich dann gute deutsche Musiker kennen kann. Fremdsprache zu lernen  breitet meine Musikwelt aus!

 

Ein Lied von "Berge", eins von meinen Lieblingsliedern.

Berge - 10.000 Tränen (live im RAW Berlin) - YouTube

Remove all ads

Deutsche Grammatik

Heute habe ich mir ein Buch über deutsche Grammatik gekauft. Dieses Buch wurde im Jahr 1968 veröffentlicht. Als das ausführliche Nachschlagwerk der deutschen Grammatik ist dieses Buch eine endgültige Ausgabe, kann man sagen.

Seit langem lerne ich diese Sprache. Inzwischen habe ich sehr viel über die Grammatik gelernt. Aber ich fand heute , dass ich immer noch nur wenige Kenntnisse darüber habe, als ich ein paar Kapitel kundig gelesen habe.

Sehr froh bin ich jetzt, weil ich durch dieses Buch noch viel lernen kann. Man beherrscht eine Fremdsprache nie, sogar kann man seine eigene Muttersprache nicht beherrschen.

Für mich ist es sehr interessant und lustig, Deutsch zu lernen. Es ist mein Hobby, kann ich behaupten. Ehrlich.

Das einzige Problem heisst, dass ich nicht gleiche Interesse und Leidenschaft beim Englischlernen haben kann.

Es wäre sehr nützlich und würde auch viel Spaß machen, wenn ich Englisch besser als jetzt verstehen könnte. Das verstehe ich wirklich.

Es ist mir sehr schwierig , zwei verschiedene Fremdsprache pararell zu lernen. Ich gestehe, dass ich für die Sprache nicht besonders begabt bin.

Aber Übung macht Meister. Es ist am wichtigsten, lebenslang fortzusetzen. Ich werde weiter lernen, solange mein Gehirn funktioniert.

週刊 現●

っちゅう雑誌がある。
今朝の朝刊に広告が載っていたけど、トップの記事のタイトルが

「働かなくなった日本人の末路」

だってさ。


どうやら最近の世の流れである労働時間短縮や、働き方改革を批判したような記事のようだが、「こんなに休んで大丈夫か?」というような内容。

どうせ恣意的に統計数値をいじくり倒したりしてるんだろうね。
記事を読まずして批判するのもあれっちゃああれだけど、まさかこんなゲスな雑誌を買うために金払うつまりもないし、記事に価値があるとも思えんので、あえて読まんけど。

まああれだな、この雑誌を喜んで買うような年齢層が、古き「善き」時代を回顧するような爺さんだろうから、そういう奴等に迎合したような内容で、また時流に逆らっててカッコイイ!的な下らん内容なんだろうね。

まあこの類いの雑誌を購読するような奴等は知的水準もアレだろうから、しょうがないわ。




しかし、こんな(見かけだけ)偉そうな記事と並んでトップ記事になってるのが


「「女が疼く」とはどういうことか」


なんだもんなー、そらバカはどんどんバカになるわな。

ゲスな雑誌はとことんゲスな記事だけ書いてりゃいいのに。そのぶんなら害は小さくて済む。

Remove all ads

三日間のロス

大きかった

書類とメールに目を通すだけで半日かかった


やっぱ健康が一番

朝型に

病気してからこのかた、朝が苦手になってしまって久しい。
早起きしようと早寝をしても起床する時刻が変わらん。目覚ましはそれなりに早い時刻に鳴らして、二度寝して、ようやっと体が動き始める。
今より遥かに多忙でブラック勤務をしていた頃の方が早起きだった。まああの頃は早起きというより、眠り続ける力すら体に残っていなかったようなもので、そのせいもあって体を壊したわけだが。

先週は三日半続いた酷い頭痛で、熟睡もできなかったが、ようやく昨晩はぐっすり眠ることが出来た。そのおかげか、なぜか今朝は6時にパッチリ目が覚め、せっかく早起きできたのだから、と、日光浴して、自分で適当に朝食とって、コーヒー飲んで、七時過ぎから7.5km ほどジョギングまでしてきた。

午前中にアウトレットまで行ってジャケットこうて、昼下りは行きつけのジャズ喫茶でのんびり読書して、帰宅してぐだぐだしててもまだこの時間。

朝型になりたいんだよな。朝、今より一時間早く起きて、外国語の勉強をしてから出勤する、という生活にしていきたいんだけど、今日のようにパッチリ起きられることが滅多にない。

寝る前にストレッチしたり、処方されている薬を服用する時刻を工夫したり、いろいろ試してるんだが、なかなかうまくいかない。

会社でも、「俺さんてスロースターターですよね」と後輩に言われるし、朝はテンション低いみたい、自覚ないけど。

さて、あとどんな工夫をしてみようか?

Remove all ads

酷かった

三日半、酷い頭痛に襲われた
火曜の夜中に突然目覚めたら、既に頭が痛かった。
寝りゃ治ると思って続けて寝たのだが、頭が痛くてまともに眠れない。うとうとしては起き、の繰り返しでそのまま朝を迎えたが、あまりの頭痛の酷さに起き上がれず、そのまま横になってた。夕方少し和らいだ感じがあったので、少し体を動かした方がよいかな、と思って近所を散歩したのだが、散歩してる途中でまた頭痛が酷くなってきたので帰宅後はまた横になってた。
翌日も全く状態が良くならず、さらにその翌日も。

結局水曜、木曜、金曜と三日間伏せることになった。

子供の頃から、父親からもらった偏頭痛に悩まされていたのだが、中年になって軽快してた。最近は酷い偏頭痛で伏せることもなかったんだよな。

でも、先週からちょっとおかしかった。軽い偏頭痛が何回かあって、春先で体が不安定なのかな、と思ってた矢先のこの惨状。


でも、今回のは偏頭痛の前兆もなかったんだよなー。いつもは目がおかしくなって、そのあと偏頭痛がやってくるのに、今回はそれがなかった。偏頭痛だったのかどうかもよくわからん。

結局今日の午前中まで頭痛が残っていて、午後馴染みの店にコーヒー飲みにいって、帰宅したときにようやく、あ、消えた!という状態になった。
三日半は正直キツかったわ。

ほぼ寝たきりだったので、少し体を動かそうとさっき軽く走ってきた。走り終えてようやく体が軽くなったと感じた。


また同じようなことがあるなら、きちんと検査した方がよいのかなぁ。検査しても

偏頭痛です

の一言で済まされそうだしなぁ。


実際、15年くらい前に、頭痛が酷かったころ、脳の検査受けたんだけど、

異常ありません、ただの偏頭痛です、治らないのであきらめてください

って言われたことあるし。


はぁ😞💨

Remove all ads

気勢をそがれる

神戸マラソン大阪マラソン、しっかりエントリーして午後に走ろうかなと考えてたが、天気予報では夕方から雨だったのに、ずっと雨

エントリーと同時に気合いを入れ直したんだけど、完全に気勢をそがれたわ

まあ雨の日にトレーニングする必要もあるっちゃああるんだが、そこまでの根性はないのよね

先週末は体調がすぐれずに走らんかったので、体重を維持するためにも走らんといかんかったんだがなぁ

明日は午後は外出するので午前中走るつもり
雨降らんでほしいなぁ

理想のジャズ喫茶

記憶に残る限りでたしか4回目だ。

その日も、明るめの店内の壁際の小さなテーブルで、流れてくる大きめの音を聞きながら本を読んでいた。読んでいた本のタイトルは忘れてしまった。

流れていたのはピアノトリオだろう。
店内に漂うコーヒーの香りが心地よい。
スピーカーから流れるレコードの音以外は静かだった。

あのお店はどこにあったんだっけ?
記憶に残っているのは、駅に直結したビルが吹き抜け構造になっていて、その二階か三階の、吹き抜けをぐるっととりまく通路に面していた、ということだけだ。



目覚める、それが夢だったことに気付くも、どうしても夢であったとは思えない。妙な表現だが、あまりに生々しい心地よさだったのだ。

絶対に行ったことがあるお店だ、いつだろう?どこだろう?

音量、掛ける音楽の趣味、雰囲気、座り心地、コーヒーのうまさ、どの点を取ってもかなり理想に近いジャズ喫茶なんだよな。

夢に見ること4回目、毎回あまりの心地よさと記憶の生々しさで、夢と現実の境界線が曖昧になる。


今でも、過去どこかで行ったことがあるんじゃないか、と不思議に思っている。



おそらくは、これまで訪れたことがあるジャズ喫茶や喫茶店のよい部分の記憶が融合して、夢となって出てきたんだろう。



そして毎夜、またあのジャズ喫茶に行きたいと願いながら、私は目を閉じる。

走って変わったこと

ジョギングを始めてもう5年になる。
とは言っても相変わらずのちんたらジョガーであり、あまり進歩はしていないのだが。

今日は午前中に15km走ってきた。去年はフルマラソン抽選悉く落選だったので、今年はどこかのフルマラソンに参加するつもりなのだが、どうせ暑くなるとサボるので、今のうちにある程度の距離はしっかり走れるようにしておかないと。


さて、そもそも走りはじめてきっかけは定期健康診断だった。あまりに結果がひどく、このままの生活を続けていたら早晩死ぬな、と考えたのがそもそも。

最初は15分も走ったら吐きそうになっていたが、今では普通に一時間以上走っても全く苦しくない。まあゆっくりなのだが。
走りはじめて明らかに自分の心身は変わった。

・体重の増減に対する身体感覚が鋭敏になった
不眠症ぎみだったのに、トレーニングしてない日でも布団に入ってすぐ眠れるようになった
・慢性的なダルさがなくなった
・ストレスの発散になっている
・自分に対する自信がちょっとついた
・集中力が増した

などなど

もちろん体重も落ちてるし、中性脂肪も落ちている。

あのままの生活を続けていたら、と想像すると、本当に寒気がする。
社会に出て以来、運動らしい運動をしていなかった自分が、まさか4回もフルマラソンに参加して、タイムは別としても、すべてきちんとゴールしてるんだから大したもんだと思う。

40歳台半ばで一念発起、遅かったのかもしれないが、遅すぎてはいなかったのだと思う。

E=mc2

毎日の昼食は妻に弁当を作ってもらっている。
昨日妻から、パパはお弁当米粒残さずきれいに食べてくるね、と言われたので


米粒一つの質量をすべてエネルギーに変換したら、部屋が消し飛ぶぐらいのエネルギーになるのでもったいないからちゃんと食べる


と答えたら、すげー微妙な顔をされた。


間違ってないと思うんだが。

Remove all ads

saufen

Besffoen zu sein ist gluecklich zu seio. Ehrkibh!

Remove all ads

出逢いが減る

本も音楽ソフトもオンライン通販で買うことがめっきり増えた


効率的ではあるし、ポイントもつくし、悪いことは特にない、むしろ便利なのだが


その代わりに店先でこれまで読んだことがなかった作家の本に出逢ったり,CDをジャケ買いして結果に喜んだりすることが無くなった


こういうことが減ると、買い物の勘が鈍ってくるだろうな


便利さの裏にはこういう代償がある

ファンクラブ

今年に入ってPerfume熱が冷めたかなと思ってて、次のFC更新はしないかもなー、なんて思ってたけど、結局はさっき更新した。
なんやかやゆうても、私の40歳台を彩ってくれているのはPerfumeであるのは揺るぎない事実であり、一時ほどの高熱ではないが、今年のアリーナツアー、ドーム公演に参戦して、まだまだかなりの熱量があることは間違いないわけである。

もひとつメンバーになってる城南海ちゃんのFCは更新せんだろうな。FC会員であるメリットなに一つないし、ただのお布施にすぎないから。

その代わり現在絶賛迷い中なのは、KalafinaKalafina単体のFCなら迷いなく会員になるのだが、単体のはないんだよな。まあ迷ったらとりあえずやってみる式で会員になっちゃおうと思ってるけど。ボーナス出て小銭確保したら申し込むかな。

魔女の一撃

Hexenschuss

ドイツ語で直訳すると魔女の一撃

なんのことかというと、


ぎっくり腰




国によって表現の仕方に違いがあって面白いよな




なんでこんなこと書いてるかというと、昨日から軽くぎっくり腰なわけだ


職場で10時半と3時に体操があるんだけど、その時にビシッと腰に電撃が走ったのよね

まあ動けなくなる程でもないんだけど、軽い鈍痛がずっと続いている

別に重たいものを持ったわけでもなし、単に前に倒した体をまた起こしただけなのね

それだけだったのに魔女の一撃

油断してたとしか言いようがないんだけど、まさかそれだけでねー


加齢ってやだわ

Remove all ads

加齢に伴う身体変化

・平地で躓くようになる

・舌を噛む

・気管に液体が入り込みやすくなる

・蚊に刺された跡が長期間残る

・暗くなると見えにくくなる

・アルコール分解に時間がかかる

・運動した後の疲れが取れない

・あちこちに白髪がorz

・よっこいしょと言うようになる

・顔と名前が一致しない

・ストレッチをしないとガチガチに体が固くなる

・ノンダ翌日の顔の浮腫みがなかなかとれない⬅今日気付いた