かんがえごとしてみました

法、本、音楽など

高度プロフェッショナル制度という害毒

こないだブツブツとツイした内容を少し整理してみた。

 

働き方改革という一件キレイな言葉の下で、高度プロフェッショナル制度というこれまたそれらしい名前の制度改悪が強行されようとしているが、なんか世間の反応薄いよね。年収1075万の要件なんて、自分には関係ないから、そんな高収入の連中は適用されたらよろしい、そんな感じなんかじゃないかと思う。まあ他人事に考えてる人が多いからだろうけど、そんな理解で他人事だと思ってたら痛い目に合うよ、きっと。

 

裁量労働制然り、派遣労働然り、始めは極めて限定的に導入した上で、後から適用範囲をどんどん拡げていくって、これまでやられてきたことだから、政府の常套手段だから、もしこの制度が導入されたら、早晩年収要件が引下げられるのは間違いない。だから、自分は関係ないからいいや、って思ってると、気がついたら「高度プロフェッショナル」にされちゃうからね。

そう考えるべきだよ。

法案の手直しで、本人意思による同意撤回の規程が盛り込まれるようだけど、同意撤回なんてそうそう簡単には出来ないだろ、実際。なにせ人事権は会社が握ってる訳だから。同意撤回したら昇進できないとか、表には出てこない裏の人事運営で、結局は無言の圧力のもと、撤回なんてできなくなるでしょ、普通に考えたら。俺が経営者だったらそうするよ、間違いなく。


制度を導入すれば、柔軟な働き方や、生産性向上が図れるとか、色々言い訳されているけど、柔軟な働き方は現行のフレックスタイム制度や、裁量労働制を活用すればよいだけの話。

脱時間給的働き方とは、労働者のニーズではなく、時間外割増賃金をなんとしてでも払いたくない経営側のニーズだよ。日々の仕事は、確かに経営的な視点も持ちながら考えるべき、それは否定しない。でも人事制度なんかを、労働者が経営者の視点で考えてたら、痛い目にあうのは自分。労働者は労働者としての立場からモノを言うべき。
現行既にに労働時間を柔軟に出来る制度があるのに、その運用を適正化するのではなく、新たに変な制度を導入しようとしているのは、目的が別にあると考えるべきだよねー。

考えてごらんよ、この高度プロフェッショナルなんちゃらって、そもそもあまりの悪評のために引っ込めざるを得なくなった、ホワイトカラー残業未払い合法化制度「ホワイトカラーエグゼンプション」を、化粧し直してもう一回持ち出しただけなんよ、実際。
そもそも前身であるホワイトカラーエグゼンプションという制度の導入が検討され始めたのって、賃銀不払い残業長時間労働が社会問題として大きくなった時期と前後してるよね。
つまるところ、なんぼ無賃で働かせても問題にならない、そのための仕組みを経営者側が政治に要求した、そういうことだよ。


この制度の導入にたいして、なかなか断固とした態度、行動を取らない連合も、いつの間にか財界のポチになったとしか思えん。組合の組織率の低下は以前から問題になっていたようだが、こんな制度の導入を容認するようなら、もう労働者団体としての体をなさないだろうね。


兎に角、この制度の導入には大反対である。
まだわずかに残っている労使の信頼関係にトドメを刺して、景気にも悪影響を与え、年収という基準で社会を分断する、そんな毒しか持たない制度だと僕は思う。

空気感を感じること→フライング拍手マンは絶滅すべし

昨日の日曜日は、生憎朝から仕事で、ヘロヘロに疲労困憊していたのだが、夜は大阪に出てピアノとヴォーカルのデュオのライブを聴きに行った。

テクニカルな曲も演奏されていたが、基本はじっくりと聴かせるライブ。

 

演奏自体は文句なく素晴らしく、疲れ切っていてもやはり来ておいて良かった、と思った訳だが、一つだけ、あらら〜、と思うことが。

お客の中に、曲が終わってもいないのに、バチバチとやかましく拍手する輩、フライング拍手マンがおったわけ。

 

Kalafina のライブでも何度も経験しており、正直フライングの拍手は、勘弁してよ、と思うわけ。

バリバリにテクニックを駆使して弾きまくったりする曲ならまあ許容出来る。が、しっとりと、じっくりと演奏した曲でこれをやられると、もう不機嫌マックスになっちゃうのよね。

プロフェッショナルの音楽って、音符のある場所を演奏しているだけじゃなくって、休符もしっかりと「演奏」してると思うわけ。だから、曲の最後の休符まで、しっかりと「聴く」という姿勢で僕はライブを聴きに行ってる。

それに、音楽家が創り出す空気感てあるじゃん。バラードなんかは、その空気感も含めて立派な演奏な訳で、しっとりとおわった曲なら、そのままの空気感の中で、しっかりと余韻まで楽しんだ上で、自然にフワッと拍手が響いてくるような、そんな雰囲気が大切だと思うのよね。

そういうのをすべてぶち壊すのが、フライング拍手であったり、どんな曲でもバチバチとやたらと大きな音で手を叩く手合いだと思う。

楽家の創り出した雰囲気や空気を尊重することって、音楽家に対する敬意でもある。

一音一音をちゃんと聴く意思があるなら、演奏されている休符までしっかりと聴くべき。

 

音楽をきくなら、是非そういう姿勢で臨んでくれ。

フライング拍手は、場をぶち壊す蛮行であり、他の聴衆の楽しみを邪魔するもはや犯罪行為だと思うわ。

 

絶滅してほしい、是非とも

 

 

音楽数珠繋ぎ

先ほど記事をアップしたとおり、昨晩はアコーディオン、タンバリン、ピアノというなかなか普段は無さそうな編成のライブに行っていた。そこでタンバリンの奥深さを思い知らされたのだが、そもそもはアコーディオンの佐藤さんを聴きたいと思ったのがきっかけ。

佐藤さんはKalafinaのライブでゲスト出演していたので、映像円盤では演奏を聴いたことがかったのだが、生演奏は初めてだった。

Kalafinaを聴き始めたきっかけは、NHKの歴史番組だった訳だけど、いい!と思ってアルバム買い集めて円盤買い集めて、あっという間にFCにも入って、もう髪の毛の先までどっぷりと沼にはまったような状態だった。

直接的な関係はないが、元々は重度のPerfumeオタクで、FC歴も気がついたら8年。自分の40台はPerfumeと共にあった、と言っても過言はない程。そういった下地があったから、KalafinaファンになってすぐにFC入ったりしたと言えよう。

生来の面倒くさがりで出不精気味だった自分が、やれライブだ、やれ遠征だ、とお一人様であちこちに出かけてるって、若い頃より今の方が間違いなく活動的になってるわけ。

でも、ライブによく行くようになったのは、西山瞳さんというピアニストに出会ったからなのよね、考えてみれば。

過労で身体を壊して、自宅療養してたころの話。だいぶ身体の調子も戻ってきて、ぼちぼち仕事にも復帰するので、リハビリ兼ねて出歩くようにし始めて、たまたま立ち寄ったタワレコのジャズコーナーで彼女の2作目のCDをジャケ買いしたのが始まりだった。

ジャケだけでなく、当然中身の音楽も素晴らしく、webで西山さんのこと調べてみたら、近々レコ発のコンサートが堺である、というので、これまたリハビリ兼ねてちょっと遠出して、すっかりライブの楽しさを知ってしまったわけ。

https://m.youtube.com/watch?v=AfZyKGqRv8k&index=2&list=PL622FB514A7B10E72

それまではジャズと言えば50年代、60年代のものばかり聴いていたけど、今まさに生きているジャズ、ライブのジャズというものにすっかり魅了され、それからポツポツとライブを行くようになったのね。

んで、実力者は実力者と共演するはず、との考えのもと、西山さんが共演するミュージシャンの音楽を聴くようになった。色々なミュージシャンを聴くようになったのは、ある意味西山さんのおかけでもあったはず。

 

あの時身体を壊さずそのままの生活、1日のほとんどをブラックな環境でひたすら仕事に費やすような生活を送っていたら、西山さんの音楽を知ることもなく、そうなるとライブに行くようになることもなく、だからおそらくはPerfumeにはまることもなく、結果としてKalafinaを愛することもなかったんだろうな、と思う。なにより、あんな生活送ってたら、今はいきていなかった可能性も大いにあるわ。

禍福は糾える縄の如し、とは言うけど、身体をあの時壊したことで、結果的に自分の世界は大きく広がったんだなぁ、と感じる。

まあおかげで今でも月一で病院通ってるし、毎日薬も飲んでるし、身体は引きずっているのも事実ではあるのだが、その分のマイナスより、今、多少のお金と時間を自由に使えるようになって、子供にも手がかからなくなって、楽しい人生を送れているのだな、とつくづく思う。

 

さて、明日は朝早よから仕事で気分はちょっとだけブルーなのだが、仕事の後は、西山さん繋がりで知り合った素晴らしいボーカリストのライブなので、楽しみだ。

 

明日も音楽の神さまが降臨されることを期待しよう。

超接触三重奏@Born Free

改めて仕事以外でも文章を書こうか、と思い、前回三日坊主で終わったブログを再開。

 

その一発目は、昨日行ったライブのことでも書こうかと思う。

f:id:kalaboppard:20180519104328j:image

超接触三重奏と銘打った、アコーディオン佐藤芳明さん、ピアノ宮川真由美さん、タンバリン田島隆さんの3人による異色のトリオであった。

 

もともとKalafina のライブのゲスト出演されていた佐藤さんのアコーディオンおw聴きたくて、ちょうど神戸でライブがあるということで行ってきた訳だが、期待のはるか上空を飛ぶような素晴らしいライブだった。

勿論のことだが、佐藤さんのアコーディオンは素晴らしく、難しそうな楽器を自在に縦横無尽に操る様を観ながら、なにこれ凄い!となったていたわけだが、特筆すべきはタンバリンの田島さん。

 

小さい楽器から、丸テーブルの天板のような大きな楽器まで、曲ごとに変えながら演奏されていたが、オープニングの曲だったSpainで一発で心をもって行かれた。

小さなタンバリン一つでリズムを縦横に操っていたのだが、どう聞いてもドラムセットがあるようにしか聴こえない。あしも使っているのかな?と足元見ても楽器がない。左手に持った小型のタンバリン一つでバスドラもスネアも、ドラムセットを表現しきってしまっていた。

もうね、鳥肌立ちましたよ、ホンマに。

 

スタンダード、映画音楽、オリジナルと多彩なラインナップで2set、全身耳になって聴いてきました。

佐藤さんのソロ、ーというかメトロノームのカツオ君とのデュオも素晴らしく、またピアソラのフーガと神秘では間違いなく音楽の神様降臨してました。

 

田島さんのタンバリンはこれからちょくちょく聴きに行く事になりそうです。