Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

with a pair of yellow glasses

music, English, German, books etc

週刊 現●

っちゅう雑誌がある。
今朝の朝刊に広告が載っていたけど、トップの記事のタイトルが

「働かなくなった日本人の末路」

だってさ。


どうやら最近の世の流れである労働時間短縮や、働き方改革を批判したような記事のようだが、「こんなに休んで大丈夫か?」というような内容。

どうせ恣意的に統計数値をいじくり倒したりしてるんだろうね。
記事を読まずして批判するのもあれっちゃああれだけど、まさかこんなゲスな雑誌を買うために金払うつまりもないし、記事に価値があるとも思えんので、あえて読まんけど。

まああれだな、この雑誌を喜んで買うような年齢層が、古き「善き」時代を回顧するような爺さんだろうから、そういう奴等に迎合したような内容で、また時流に逆らっててカッコイイ!的な下らん内容なんだろうね。

まあこの類いの雑誌を購読するような奴等は知的水準もアレだろうから、しょうがないわ。




しかし、こんな(見かけだけ)偉そうな記事と並んでトップ記事になってるのが


「「女が疼く」とはどういうことか」


なんだもんなー、そらバカはどんどんバカになるわな。

ゲスな雑誌はとことんゲスな記事だけ書いてりゃいいのに。そのぶんなら害は小さくて済む。

Remove all ads