かんがえごとしてみました

法、本、音楽など

高度プロフェッショナル制度という害毒

こないだブツブツとツイした内容を少し整理してみた。

 

働き方改革という一件キレイな言葉の下で、高度プロフェッショナル制度というこれまたそれらしい名前の制度改悪が強行されようとしているが、なんか世間の反応薄いよね。年収1075万の要件なんて、自分には関係ないから、そんな高収入の連中は適用されたらよろしい、そんな感じなんかじゃないかと思う。まあ他人事に考えてる人が多いからだろうけど、そんな理解で他人事だと思ってたら痛い目に合うよ、きっと。

 

裁量労働制然り、派遣労働然り、始めは極めて限定的に導入した上で、後から適用範囲をどんどん拡げていくって、これまでやられてきたことだから、政府の常套手段だから、もしこの制度が導入されたら、早晩年収要件が引下げられるのは間違いない。だから、自分は関係ないからいいや、って思ってると、気がついたら「高度プロフェッショナル」にされちゃうからね。

そう考えるべきだよ。

法案の手直しで、本人意思による同意撤回の規程が盛り込まれるようだけど、同意撤回なんてそうそう簡単には出来ないだろ、実際。なにせ人事権は会社が握ってる訳だから。同意撤回したら昇進できないとか、表には出てこない裏の人事運営で、結局は無言の圧力のもと、撤回なんてできなくなるでしょ、普通に考えたら。俺が経営者だったらそうするよ、間違いなく。


制度を導入すれば、柔軟な働き方や、生産性向上が図れるとか、色々言い訳されているけど、柔軟な働き方は現行のフレックスタイム制度や、裁量労働制を活用すればよいだけの話。

脱時間給的働き方とは、労働者のニーズではなく、時間外割増賃金をなんとしてでも払いたくない経営側のニーズだよ。日々の仕事は、確かに経営的な視点も持ちながら考えるべき、それは否定しない。でも人事制度なんかを、労働者が経営者の視点で考えてたら、痛い目にあうのは自分。労働者は労働者としての立場からモノを言うべき。
現行既にに労働時間を柔軟に出来る制度があるのに、その運用を適正化するのではなく、新たに変な制度を導入しようとしているのは、目的が別にあると考えるべきだよねー。

考えてごらんよ、この高度プロフェッショナルなんちゃらって、そもそもあまりの悪評のために引っ込めざるを得なくなった、ホワイトカラー残業未払い合法化制度「ホワイトカラーエグゼンプション」を、化粧し直してもう一回持ち出しただけなんよ、実際。
そもそも前身であるホワイトカラーエグゼンプションという制度の導入が検討され始めたのって、賃銀不払い残業長時間労働が社会問題として大きくなった時期と前後してるよね。
つまるところ、なんぼ無賃で働かせても問題にならない、そのための仕組みを経営者側が政治に要求した、そういうことだよ。


この制度の導入にたいして、なかなか断固とした態度、行動を取らない連合も、いつの間にか財界のポチになったとしか思えん。組合の組織率の低下は以前から問題になっていたようだが、こんな制度の導入を容認するようなら、もう労働者団体としての体をなさないだろうね。


兎に角、この制度の導入には大反対である。
まだわずかに残っている労使の信頼関係にトドメを刺して、景気にも悪影響を与え、年収という基準で社会を分断する、そんな毒しか持たない制度だと僕は思う。